Zend Server x86 Linux 版および Windows 版

前の Version    各 Edition の対比へジャンプ    x86 Linux 版の制限事項へジャンプ    Windows 版の制限事項へジャンプ    画面の例へジャンプ
FAQ のページ    使用できるデータベース のページ    Zend Server API のページ    IBM i 版の Zend Server のページ

販売終了および後継製品のご案内

Zend Server 7 は、2017年9月29日にて販売終了となります。
後継として、Zend Server 9 をお取り扱いしております。
Ver7では対応していなかったRHEL7、Windows10およびPHP7にVer9では対応可能です。

Zend Server 7 の主な特長

Zend Server 7 のご紹介を両面カラーの一枚のチラシとしてまとめたものです。
PDF を表示 (344KB)

Zend Server 7 の様々な機能について紹介する資料です。
PDF を表示 (914KB)

Ver 7 の稼働環境

x86 Linux プラットフォーム (32 および 64 ビット)
RHEL 5.x および 6.x
CentOS 5.x および 6.x
Fedora (18 除く)
Oracle Enterprise Linux
Windows プラットフォーム Windows Server 2008R2
Windows Server 2012
Windows 7
Windows 8
Web 管理画面を表示する
場合の対応ブラウザ
Internet Explorer 10 以上
FireFox 32 以上
Google Chrome 37 以上
PHP Version 5.5 または 5.4 (どちらかをインストール前に選択)

各 Edition の対比

各 Edition の詳細な対比です。おおまかな対比は、カタログでご覧いただけます。
Zend Server 7 同士の対比(PDF 37KB)

x86 Linux 版の制限事項

  • インストールおよびアンインストールを実行するには root 権限が必要です。
  • インストール中には、インターネットへの接続、およびディストリビューションのレポジトリへのアクセスが必要です。
  • SELinux を利用している場合、setenforce permissive コマンドを実行してシステムの設定を許可モードにする必要があります。
  • 事前にApache 2.2 または Nginx を yum コマンドでインストールするか、またはソースからコンパイルする必要があります。
  • Apache 2.4 は利用できません。
  • yum コマンドでインストールした RPM 版の Apache と、ソースからコンパイルした Apache とは共存できません。
  • インストール中に Linux ディストリビューションの PHP が置き換えられます。この結果、RPM パッケージの間で競合が起きることがあります。
  • サーバー設定画面でセッションクラスタリングコンポーネントを無効にしても、エラーとして表示され続けることがあります。
  • Oracle データベースを利用する場合、Oracle Instant Client は Zend Server とは別にインストールする必要があります。
  • DB2 データベースを利用する場合、あらかじめ IBM DB2 ランタイム・クライアント(RTCL)をインストールする必要があります。
  • Java ブリッジ機能を使用する場合、あらかじめ Oracle Java 1.5 以降をインストールする必要があります。
  • クラスター環境を利用する場合は、クラスターの情報を管理するための MySQL サーバーをあらかじめ用意しておく必要があります。

Windows 版の制限事項

  • 管理者権限のユーザーでインストールする必要があります。
  • インストール中にファイルのダウンロードが必要になる場合があります。その場合、インターネットへの接続が必要です。
  • インストール時にはハードディスクに最低200MBの空き容量が必要です。
  • IIS は標準機能にリライト能力がありません。リライト能力を必要とする場合、別途対処が必要です。
  • Oracle データベースとともに Zend Serverを利用する場合、Oracle Instant Client は Zend Server とは別にインストールする必要があります。
  • Java ブリッジ機能を使用する場合は、あらかじめ Oracle Java 1.5 以降をインストールする必要があります。
  • クラスター環境で用いる場合には、各 Zend Server のインストール先、インストールの選択肢および設定値を同一にしてください。
  • クラスター環境で用いる場合には、クラスターの情報を管理するための MySQL サーバーをあらかじめ用意しておく必要があります。

画面の例

Z-Ray 機能の例
Z-Ray 機能
zend.com に、Z-Ray の機能をいくつかのアプリケーションを例にして実際に試すことのできるページがございます。
Z-Ray Use Cases

モニタリング機能の例
モニタリング機能