お取引全般について   Zend Server   Zend Studio   Zend Guard   Zend Framework   Zend Core   その他
Zend Server 全般   ライセンス   インストール(導入)   サポート範囲   移行   メッセージ   データベース   レスポンスと文字化け

移行についての FAQ

Zend Server に関するお問い合わせのうち、過去の Zend Core や Zend Server から最新版への Verup (移行)に関するお問い合わせをまとめました。 Zend Server をご購入いただきますと、ご使用中によくいただくお問い合わせや便利な Tips をお客様向けFAQ ページでご覧いただけます。 (このページの最後で例をご紹介)
Zend Server の特長、稼働環境などについては、製品紹介をご覧ください。

表の凡例
PPC 版 (x86 Linux または Windows 用) の Zend Server で該当する場合、〇印です。
iIBM i 版 の Zend Server で該当する場合、〇印です。
Ver特定の Version のみ該当する場合、その番号を記載します。

PiVer 最終
更新
質問回答
oo- 2018/05 移行作業にはどのくらいの時間がかかりますか。 下記の要因により左右されます。
*移行元の Version
*移行先の Version
*移行対象の PHP アプリケーションの量

PHP アプリケーション開発に詳しい企業に見積り依頼することをお勧めします
-o9.1 2018/05 過去の Zend Core や Zend Server から最新版の Zend Server に Verup するときの注意点を教えてください。 Zend Server は、RPG プログラムなどの IBM i ネイティブオブジェクトとは異なり、 IBM i OS のアップグレードでは自動変換不可能です。 各 OS に適合した Version の Zend Server をインストールし直ししていただく必要がございます。

Zend Server の製品紹介ページ に 「Zend Server 9.1 IBMi 版と過去の Version の比較」という PDF を掲載しています。まずはこの PDF をご覧ください。

・  IBMi 資源の利用方法
Zend Core または Zend Server 5.1の場合、i5 関数でした。 Zend Server 5.6 以降からXML Toolkit に変わっています。 i5 関数から XML Toolkit へ移行するためには書き換えが必要です。 (関数の種類により、db2 関数への書き換えが必要な場合もあります。) XML Toolkit の使用方法について詳しくは、XML Toolkit リファレンスマニュアルに掲載しています。

・  PHPのバージョン
移行元の Zend Server / Zend Core のバージョン により、使用している PHP のバージョンが異なります。 Zend Server 9.1 では、PHP 7.1 が使用されます。 移行先の Zend Server の PHP のバージョンで使用できない機能を使用している場合、書き直しが必要となります。

http://php.net/manual/ja/appendices.php に、PHP の各バージョン間の差異が掲載されています。 特に、「下位互換性のない変更」、「削除された○○」、「変更された○○」、 「INI ファイルの扱いに関する変更」という節の内容にご注意ください。

ただし、db2 関数(ibm_db2 エクステンション) の Ver 1.9.7 以降の設定項目は、 php.net に記載されていません。Zend Server 9.1 の移行ガイドまたは http://forums.zend.com/viewtopic.php?t=127533 をご参照ください。

・  その他
移行元の Zend Server / Zend Core のバージョン により、管理画面を操作するための IE の Ver の前提条件、 URL ポート番号などが異なることがあります。 (IE の場合、互換表示モードおよびエンタープライズモードは、Ver の古い IE と互換動作になってしまうためサポート対象外です。) 運用の手順変更などの考慮も必要です。

-o9.1 2018/05 過去の Zend Core や Zend Server から最新版の Zend Server に Verup するためのガイドはありますか。 イグアスから Zend Server 9.1 IBM i 版をご購入頂きましたお客様向けに下記のガイドをご用意しています。
・  Zend Server 6.1 または 7.0 から 9.1 へのバージョンアップガイド(Zend Server 9.1 有償版で配布のバージョンアップガイド)

ただし、詳細なすべての設定項目や、プログラムの書き換え方法などは含みませんので、具体的な移行手順は、開発会社を交えて検討をされることをお勧めします。

Ver 5.6 以前からの移行の場合、下記のガイドをご提示することも可能です。
・  Zend Core 2.0 から Zend Server 7.0 へのバージョンアップガイド
・  Zend Server 5.1 から 7.0 へのバージョンアップガイド
・  Zend Server 5.6 から 6.1 へのバージョンアップガイド
例えば、Zend Server 5.1 の日本語版をご利用のお客様は、下記の2種類のバージョンアップガイドを両方ごらんいただく形になります。
・  Zend Server 9.1 有償版で配布のバージョンアップガイド
・  Zend Server 5.1 から Ver 7.0 へのバージョンアップガイド

・  Zend Core 2.0 または Zend Server 5.1 の日本語版をご利用のお客様をお持ちのパートナー様
株式会社イグアスのPartner Value Network にログインいただきますと、Ver 7.0 への移行事例をご覧いただけます。
さらに、Zend Server 9.1 有償版で配布のバージョンアップガイドもご覧いただく必要がございます。
-o- 2018/05 環境全体のバックアップおよびリストアは可能ですか いいえ。例えば IBM i の SAVLICPGM コマンドなどには対応していません。
移行先でのインストールし直しが必要です。
-o- 2018/02 複数のバージョンを同時に使用することはできますか。 インストール先のライブラリー名が違う Version 同士であれば可能です。同一ライブラリー同士は不可です。
製品 Versionライブラリー
Zend CoreZENDCORE
Zend Server 5.0 - 5.6ZENDSVR
Zend Server 6, 7 または 8ZENDSVR6
Zend Server 9ZENDPHP7
ただし、Zend Core の場合、Zend Server インストール後に、Zend Core をアンインストールすると、Zend Server の環境が破壊されることがあります。 できる限り、Zend Core をアンインストールしてから Zend Server をインストールしてください。

お客様向け FAQ ページでご覧いただける FAQ の抜粋

(IBM i 版固有の FAQ のうち移行関係から一部抜粋)

  • 現在使用中のポート番号を Ver 7 でも使用するには、どのようにしたらいいですか
  • ポート番号の設定を Web 管理画面からではなく、直接変更する方法を教えてください。
  • ドキュメントルートを Web 管理画面からではなく、直接変更する方法を教えてください。
  • ハードウェアをリプレースし、現行ハードウェアから新ハードウェアに Zend Server を移行します。設定も簡単に移行できますか
  • 移行前に使用していたライブラリーまたはフレームワークのバージョンを移行後も使用するにはどうしたらよいですか