Zend Guard Loader API

Zend Guard Loader を PHP から使用するための API です。
Zend Guard Loader は、Zend Guard でエンコードされた PHP スクリプトを実行するために必要なモジュールです。

関数 へジャンプ

ディレクティブ

ディレクティブ既定値 初出Ver最終Ver 説明
zend_loader.enable1 5.07.0 Zend Guard でエンコードしたスクリプトの読み込みを有効にする
zend_loader.disable_licensing0ライセンスのチェックを無効にする(パフォーマンス目的で)
zend_loader.obfuscation_level_support3Zend Guard Loader でサポートされる難読化レベル
zend_loader.license_path Zend Guard でエンコードした PHP スクリプトで使用するライセンスファイルのパス

関数

boolean zend_loader_enabled()
Zend Guard でエンコードしたスクリプトを読み込むように Zend Guard Loader が構成されているかチェックします。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:読み込みが有効な場合に TRUE、読み込みが無効な場合に FALSE

boolean zend_loader_file_encoded()
現在のスクリプトが Zend Guard でエンコードされたものか返します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:エンコードされていた場合に TRUE、そうでない場合に FALSE

array|false zend_loader_file_licensed()
php.ini ファイルによって ライセンス・レジストリに読み込まれるライセンス・ファイルの署名と 実行中のスクリプトの署名を比較します。 有効なライセンス・ファイルが存在した場合にライセンス・ファイルの配列に格納されます。 有効なライセンスが存在しないか、php.ini で指定されていない場合、PHP サーバーのライセンス・レジストリに格納されません。 プロダクトと署名が一致する有効なライセンスがライセンス・ディレクトリで見つからない場合、配列は作成されません。
ライセンスファイルのインストールについて詳しくは、Zend Guard ユーザーガイドの「ライセンスを作成」をご覧ください。
クッキーの強制および返り値の詳細については、同じくユーザーガイドの「Zend Guard API」をご覧ください。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:配列が返された場合、プロダクトに対する有効なライセンスが php.ini ファイルで示される場所に存在します。

string zend_loader_current_file()
現在実行中のスクリプトの完全パスを取得します。
言い換えると、この API を呼び出したスクリプトのパスが、エンコード時ではなく実行時に評価されます。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:現在実行中のスクリプトの完全パス

boolean zend_loader_install_license(string $license_file, boolean $overwrite = false)
Zend Guard でエンコードしたアプリケーションにライセンスを動的に読み込みます。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
license_file文字列必須 ライセンスファイル名
overwrite論理値任意 同一プロダクトの古いライセンスを上書きする場合に TRUE。上書きしない場合に FALSE (既定値)
返り値:ライセンスの読み込みに成功した場合に TRUE、そうでない場合に FALSE

string zend_obfuscate_function_name(string $function_name)
内部の難読化関数により、指定された関数名を難読化して返します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
function_name文字列必須 難読化したい関数名
返り値:指定された関数名を難読化した文字列

int zend_current_obfuscation_level()
現在動作中のプロダクトの難読化レベル・サポートを返します。
zend_loader.obfuscation_level_support で設定された値です。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:現在の難読化レベル

boolean zend_runtime_obfuscate()
難読化されたコードおよび難読化されていないコードが限定的に混在できるように 実行時の難読化サポートを開始します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:成功した場合に TRUE、失敗した場合に FALSE

string zend_obfuscate_class_name(string $class_name)
内部の難読化関数により、指定されたクラス名を難読化して返します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
class_name文字列必須 難読化したいクラス名
返り値:指定されたクラス名を難読化した文字列

array zend_get_id(boolean $all_ids = false)
システムのホスト ID を返します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
all_ids論理値任意 ホスト ID をすべて返す場合に TRUE、主要な ID のみ返す場合に FALSE (既定値)
返り値:ホスト ID の配列

string zend_loader_version()
Zend Guard Loader の Version を返します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
返り値:Zend Guard Loader の Version