Zend Monitor API

Zend Server のモニタリング機能を PHP から使用するための API の紹介です。インターフェース部分を除きます

ディレクティブ

ディレクティブ一覧のページへ(説明は英語のみ)

関数

zend_monitor_pass_error(int $errno, string $errstr, string $errfile, int $errline)
この関数は、モニタリング機能にエラーの詳細を渡すためにエラーハンドラで使用します。
代わりに trigger_error 関数を使用すると、エラーメッセージは渡せますが、ファイル名や行番号を渡すことができません。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
errno数値必須 エラーコード
errstr文字列必須 エラーメッセージなどの文字列
errfile文字列必須 エラーが発生したファイル名
errline数値必須 エラーが発生した行
返り値:なし

zend_monitor_custom_event(string $class, string $text, mixed $user_data, int $severity)
カスタム・イベントを作成します。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
class文字列必須 イベントの種類
text文字列必須 イベントに出現する文字列
user_data混合必須 イベントに関するストアへの任意の追加データ
severity数値必須 重大度。情報、警告、エラーのうちのいずれかです
返り値:なし

zend_monitor_custom_event_ex(string $class, string $text, string $rule_name, mixed $user_data)
ルール名で指定されるカスタム・イベントを作成します。
(初出 Ver : 6.1 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
class文字列必須 イベントの種類
text文字列必須 イベントに出現する文字列
rule_name文字列必須 ルール名
user_data混合必須 イベントに関するストアへの任意の追加データ
返り値:なし

void zend_monitor_set_aggregation_hint(string $hint)
イベント発生理由を診断するためにスクリプト内でのオカレンスのロケーションを組み込みます。
同一の種類のイベントのみが集約されます。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
hint文字列必須 集約ヒント文字列
返り値:なし

int zend_monitor_event_reporting(int $new_error_reporting)
PHP の error_reporting 関数のように、ビット・マスクを渡して一部のイベントの種類の報告を有効または無効にします。
ただし、イベント・ルール・ファイルで無効にされたイベントを有効にすることはできません。
(初出 Ver : 5.0 - 最終 Ver : 7.0)
引数必須/任意説明
new_error_reporting文字列必須 使用する新規のエラー報告レベル。
使用可能な定数については、 こちらの Zend Monitor Constants をご覧ください
返り値:前のエラー報告レベル、またはエラーが存在する場合 FALSE