Zend Server Z-Ray Directives

アプリケーションを実行しながら各種情報を表示するための Z-Ray 機能を設定するディレクティブ です。 API はありません

ディレクティブ

ディレクティブ既定値 初出Ver最終Ver 説明
zray.cleanup_frequency10 7.07.0 自動クリーンアップの頻度。無効にするには、ゼロにします。
zray.max_db_size1 リクエスト・データのためのデータベースのサイズ制限
zray.history_time7 保たれるリクエスト・データの制限時間
zray.cleanup_keep_urls7 手動クリーンアップ実行後にデータが保持される直近の URL 件数
zray.enable1 Z-Ray を有効にする
zray.allowed_hosts  Z-Ray 表示のためのコンマ区切りの許可リスト
zray.zendserver_ui_url  Zend Server 管理画面の URL。 例) 'http://10.1.1.1:10081/ZendServer'
zray.url_cache_size1 一意の URL および SQL プリペアドステートメントの内部キャッシュのサイズ制限
zray.collect_sql1 実行された SQL クエリに対してデータ収集を有効にします。
zray.collect_functions1 実行された PHP 関数に対してデータ収集を有効にします。
zray.collect_breakdown1 リクエストに対して処理内訳の収集を有効にします。 ダッシュボードの「処理の内訳」グラフにも影響します。
zray.collect_events1 モニタリング機能のイベントに対してデータ収集を有効にします。
zray.collect_errors1 PHP のエラー、警告および通知の収集を有効にします。
zray.verify_accept_text_html1 クライアントが text/html アクセプト・ヘッダを送信した場合のみ Z-Ray が表示されます。
zray.support_broken_html1 Z-Rayは、壊れた HTML 出力の中に自分自身を注入しようとします。
zray.max_bound_value_size1 収集される SQLにバインドされた値に対するサイズ制限
zray.collect_backtrace1 バックトレースの収集を有効にします。
zray.max_backtrace_frames100 PHP バックトレースごとに保持するフレーム数
zray.collect_superglobals1 リクエストのスーパー・グローバルの収集を有効にします。