セキュリティ   ログ   キャッシュ   ネットワーク   圧縮   その他

その他

その他の Tips を紹介します。
注)主に x86 Linux および Apache の組み合わせで動作確認した結果をもとにしています。すべての OS および Apache の Version での動作を保証するものではありません。
更新 目的 方法
2017/02 NFS マウントされた DocumentRoot NFS マウントされた DocumentRoot では、Apache の設定ファイルで下記のように変更します。
<Directory "/下記の 2 つの項目が On の場合に問題があるファイルまたはディレクトリーへのパス">
EnableMMAP Off
EnableSendfile Off
</Directory>
項目Off にする理由
EnableMMAP メモリマップ中にファイルが削除されたり短縮された場合に発生するセグメンテーションフォールトが原因で httpd がクラッシュする可能性があります。
EnableSendfile カーネルは、NFS マウントされたファイルをカーネル自身のキャッシュを使って送信できないことがあります。
参考: Apache コア機能
2017/02 マルチプロセッサーの影響 プロセッサーを複数使用すると転送処理速度が落ちる場合、Apache の設定ファイルで下記のように変更します。
EnableMMAP Off
項目Off にする理由
EnableMMAP マルチプロセッサシステムの中にはメモリマッピングをすると httpd の性能が落ちるものがあります。
参考: Apache コア機能
2019/01 SSL 接続時に Rewrite 設定が反映されない URL が https から始まるページをブラウザでアクセスする際、Rewrite 設定が思うように反映されないことがあります。 SSL 設定ファイル以外で設定された Rewrite 設定を、SSL 設定ファイルで継承していない可能性があります。
Rewrite 設定を SSL 設定ファイルで継承できるようにするには、下記のように Inherit オプションが必要になります。
SSL 設定ファイル ssl.conf に追加する設定の例)
<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine on
  RewriteOptions Inherit
  //その他の SSL 接続中に必要な Rewrite 設定
<IfModule>